私はできることなら人からお金を借りずに一生を終えたいと考えています。

その理由は、お金を借りることで何らかのものを失い、結局は損をすると考えているからです。例えば金融機関などから借りた場合は、多かれ少なかれ金利が発生する場合がほとんどですので、明らかに損をします。

また家族や友人から借りた場合は、もし仮に無利子で借りることができたとしても、しばらくは何らかの負い目を感じたり、場合によっては信用を失ったりなど、その人との関係に何らかのマイナス要因が生じる可能性が出てきてしまいます。

個人的な経験としては、以前によく生活に困っていた友人に頼まれて、細々とですが、何度もお金を貸していた時期があります。

その友人とは、お金を貸す様になるよりも前から、とても付き合いが長かったのですが、ある時さすがに見かねて、
お金を貸すことを拒否したところ、彼はそれっきり二度と私の前には現れなくなってしまいました。

返済は元々期待していなかったのですが、彼との関係が失われたことがとても悲しかったのは言うまでもありません。

ただしもちろん中には例外などもありますし、また広い意味では借金とも言えるクレジットやローンの利用では、キャンペーン等でトクをする場合もありますので、そのあたりはあまりこだわり過ぎずに柔軟に判断することも重要かとは思いますが、それでもやはりできればお金の貸し借りは極力避けたいものです。