月別アーカイブ: 2015年12月

貸し倒れとは

急にまとまったお金が必要となったりしたときに、どうにか対応をしなくてはならない、何かと出費が重なって生活費が足りなくなってしまった・・などのお金が必要となったときに便利なのが、カードローンやキャッシングサービスです。

こういった金融機関ですね→即日現金

しかし、計画性が無く、借入をしてしまうときちんと返済ができなくなってしまします。消費者金融等を離床する側からしますと、返済額はどんどん膨れ上がりますし、催促の連絡と次々とくるので精神的にもプレッシャーが掛かってきてしまいます。もちろん、計画的に利用すればそういったことはないでしょう。

消費者金融側からすると、利息を払ってもらうことにより、利益を得ているわけなので必死で回収をします。

中でも、最も避けたいのが、「貸し倒れ」です。

「貸し倒れ」とは、貸したお金が返ってこず、売掛金が返済されないまま放置された状態となり、損失となることを言います。

要は、貸したお金が返ってこないという状態ですね。

貸し倒れは、どの消費者金融でも少なからず起こっていることのようです。

貸し倒れの件数が増えれば増える程その分だけ損失が大きくなるので、結果的には倒産の危機が訪れてしまう可能性が十分に考えられるのです。

では、どうしたら貸し倒れ状態になるのか・・・

借金というものには、時効があるんです。消費者金融などから借金してから最終取引日よりも5年が時効となっています。

時効になってしまうと借金は消滅するために貸し倒れ状態になるのです。

そこで一部の利用者は最初から貸し倒れ状態を狙って借り入れをしているというところもあるくらいです。

しかし、たとえ、5年以上経過して時効が成立しているからといって、再び督促されて一円でも支払いをすると時効が中断されます。

借りたお金を返済するのは当然の義務。貸し倒れ状態になっているのにも関わらず、債務が生じることは覚えておいてください。

消費者金融のカードローンやキャッシングサービスを利用していたけれども、返済が出来ないという場合には、救済措置として、債務整理を選択することができます。

任意整理や個人再生や自己破産などが債務整理に当てはまるものです。

これらは、債務者と債権者が話し合うことで返済ができるプランを選び直すというものです。

中でも、自己破産は有名ですよね。

自己破産が認められた場合には、債務者は全ての債務を免責されることになるので、消費者金融からすると、完全な貸し倒れ状態だということになるのです。

なので、一部の消費者金融は自己破産されるくらいであれば、大幅に返済額を減らす任意整理に応じる場合もあるのです。