月別アーカイブ: 2016年1月

借りるなら親か消費者金融か銀行

「友人にお金は絶対貸さない。」
これは誰に教えられた訳でもないけれど物心ついた時からの私の信念でもあります。

友達をお金で無くすのは簡単で、その反対もきっと同じ事でしょう。

私の友人に彼氏にお金を貸してそのまま音信不通になったという話を聞いた事があります。

信じていた彼氏にお金で裏切られるなんてこんな悲しい事はないですよね。

友人はお金はあげたつもりで貸したと話していましたが、私には理解できませんでした。

返ってこないと分かっていながらそれでも貸してあげたい、愛というものなのか何なのかいくら考えてみても分からない。

お金ってなんなのだろう。

もしこれから先、私自身にどうしてもお金が必要だけれどあても無く、貯金もないというシュチエーションに出会った時、友人、恋人には絶対に借りないと思います。ましてや消費者金融なんて恐ろしいイメージしかないので論外です。

でもなんとかして都合をつけなければならないなら私は実家の母に頼ると思います。

父ではなく母に。それは単に話しやすいからっていうのもありますが。

私の実家は自営業で昔から月末になると集金周り、それでも払いが悪いお客さんが時々いたりしてお金に苦労する事があったようです。

実家でのその解決策は親戚の中でも密な叔母や実母に頼るでした。

親戚も自営業をしていたので同じ状況があったり、互いに理解できる部分があったからだと思います。

もちろん貸しても返ってくる確信と信頼があったから成り立つことで、それはいくら信頼している友人、恋人には無い物ですよね。

そんな状況を幼いながら目にしていたので人よりお金にはシビアな面があると思います。

なので、もしどうしようもない状況が目の前に迫って来たら、私は迷わず実家の母に頼ると思います。

もし友人に頼む事があるとしたらもう縁を切られてもいいと覚悟した上で借りると思います。

その他を考えるとしたら、消費者金融か銀行でキャッシングをすると思います。

考えれば、これが一番誰にも迷惑はかけない方法かなと思ったりもしますね。

貸し入れがどういうものなのか、どういった会社があるのかを調べてみました。

こちら⇒貸し入れ